おかねのはなし

日本市場の現状と展望【海外投資家の草刈り場】

日本市場の現状と展望

どうも、のうみです。

今の市場にはコロナに絡む東京五輪テーパリングの地ならし米中貿易戦争など投資家の攻めのタイミングを悩ます要素が多くて、投資妙味がありますが参戦するのを控えてる方も多いはず。

前回の投稿で今の戻り相場に参戦することにすると宣言しましたが、どうも今の市場に漂うきな臭い感じが拭えない。

短期相場なら良い環境のですが、長期投資で不安が無いとはどう考えても思えない。

最近、ダウと比べてもパッとしない状況が続く日本市場は今後どう動くのでしょうか?

米中対立の地政学的板挟み

日本市場は米中の政治及び経済的な板挟みに今後も揺さぶられることになります。

今更、こんなことを言っても新鮮味が無いのですが、昨年2020年はその幕開けとなる出来事が多かったですよね。

こうした状況で米中対立リスクが、幾つかの国内企業で現れ始めています。

企業名はあえて明記しませんが某アパレル企業某大手通信企業についてのは投資情報を収集している方なら当然知っているはず。

既に米中による企業への踏む絵を迫られている状況になっていることを投資家は中立的視点で受け止めて、それを理解し該当企業に投資をするなら危険なギャンブルをしていることを自覚しないといけません。

この状況が最近のパッとしない日本市場の要因の一つだと私は考えています。

そのことを日本よりも遥かに理解している海外投資家は緩和マネーが溢れる日本市場からマネーを抜き取っている訳ですから、こんな恰好の草刈り場は他にはありません。

だから、海外投資家の動き乗っかる私を含めた国内投資家も中短期ばかりを主として動いてしまうのです。

いくら緩和マネーを市場に注入しても海外に抜き取られている今の状況は健全な市場とは到底思えない…

日本市場の展望

日本市場での短期相場の鍵はコロナに絡んだ東京五輪でしょうね。

一部の投資家の中では開催しなければ株価は上がると思ってる方もいますが、国際的なビッグイベントを中止するという行為が世界に対して、どういったメッセージを持つのか理解していないのでは?

マスコミに流されて、コロナだから国際社会は東京五輪を中止しても寛容に受け入れてくれると思ってるのなら大間違いですよ。

日本という国家への国際社会からの信用は失墜して、今後二度と大きな国際イベントを開催することは無いでしょう。

開催することで国際社会から非難されると思う方も居るとは思いますが、未来に目を向けるなら開催することは中止に比べてダメージは微々たるもの。

個人的にはコロナ対策を万全にするなら無観客でも良いので開催するべきですが、国内でも意見が分かれているのはある意味当然のことだと思います。

中期リスクは米量的緩和のテーパリング、そして長期リスクは米中貿易戦争ですね。

どちらも急に株価に織り込まれ始めそうで怖いのですが、それを理由に投資を控えていては利益を得ることは出来ませんから、頭の片隅に常に入れておくことをオススメします。

アメリカの対中政策もトランプの敵対的排除からバイデンの競合的共存へとシフトしてる訳ですから、若干本気度は低くなっていますが自分の保有している銘柄には関係無いと思ってると痛い目に合いますよ。

地合いに飲まれると如何なる好業績も仮に一過性の上昇はあっても強烈な下落に飲み込まれてしまいます。

ネガティブな内容が多めですが草刈り場には草刈り場なりの良い面もありますから、個人投資家の方はこの不安定な相場をお互い上手く乗り切っていきましょう。

先週は日本市場もようやく自立反発し始めたけど、今週はどうなるのでしょうね。それじゃ~また。

-おかねのはなし
-, ,

© 2019 Noumi StudioSif