おかねのはなし

株式観音!シグマクシス乃掌!【今期の苦難が紡いだ来期の好機】

シグマクシス

どうも、のうみです。

相場格言にある強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていくから考えて現在の株価はどのような段階にあるのか?

メディアお抱えの経済評論家がバブルを軽々しく口にしていますが、彼らはいつだってバブルと言い続けています。

株式バブル、不動産バブル、中国バブル、ビットコインバブル…そりゃずっと言っていればいつか当たりますよ。

しかし、大衆がこのキーワードを口にするということは、今の相場は楽観ではなく『懐疑の中』であることを示していると考えます。

投資をする者でなければ、この市場の動きに正面から向き合うことはできないでしょうね。

だからこそ、いつか起こるであろう、この相場の終焉は頭の片隅に置いとかないといけないとは思います。

今後の市場動向について

冒頭で言いましたが、一体彼らは何がしたいのでしょうか?

どうして下を向いて生きていくことを押し付けてくるのか?

まったく理解できない。

皆さんは不安を煽るだけの報道がそんなに面白いですか?

投資で利益を得る人を罵るのに、不安を糧として利益を得ている彼らをどうして容認するのか?

今から30年前に起こったバブル期の株価と今の株価を数字で上で単純に比べるのはあまりに愚かな行為です。

シグマクシス

完全なる私の独断と偏見によるイメージですが、下を向く日本人特有の思想は30年前のバブルがもたらした呪縛だと思ってます。

ダウ平均が史上最高値を継続的に達成する中で日経平均は未だに30年前の高値を抜くことすらできていません。

今後の相場は世界全体がコロナ対策として金融政策を行っていることを考えれば必然の流れになると考えます。

以前にも言いましたが皮肉なことにコロナ禍であることこそが今の相場を形成し今後の市場を創り出していくのです。

そして本格的に経済が活性化される時までは、このサイクルは絶対に終わることは許されない。

何故なら、世界経済は未だに大きな傷を癒せていないから。

世界共通の敵であるコロナが生みだした相場である以上は、いつか訪れるであろうコロナの終息こそが相場の終焉なのかもしれません。

しかし、今の段階では時期尚早。

3月には200兆円に及ぶ追加経済対策が実施されるアメリカ経済に注目が集まっています。

今後は期待値でなく実体経済の回復が株価に織り込まれていくことになるでしょう。

金利動向など気になることはありますが、市場が許容できない程の急激な変化でなければ問題はないと私は考えてます。

この投稿は個人の見解であり購入を勧めている訳ではないので、実際に取引する場合は自分の判断でお願いしますね。つまりは投資は自己責任

のうみ銘柄について

ベイカレント【6532】は緩やかな状態に入るのが望ましいとは思いますが、大株主である機関がこの状況を許容する限りはこのトレンドは止めることは出来ないと考えます。

なので直近のチャートから今後の流れを当て嵌めて予測するのはちょっと無理があると思います。

IRニュースによるサプライズなどにもよりますが、調整局面を迎えて株価の大きな変動が起こっても不思議ではありません。

まぁその変動が上か下かは誰にも分かりませんが、ベイカレは粛々と通期決算と来期予想を発表するだけでしょうか?

それと先週前半の信用倍率の変化はかなり重要な意味を持っていると思います。

SMFG【8316】についてですが、予想通り米金利上昇に連動する形で株価も上げてきましたね。

嬉しい誤算も幾つか重なり配当目的の保有でしたが、既に年間配当以上の利益が出ている状況です。

金利上昇はなるべく緩やかなものであれば問題はありませんが、やはり急激変動は市場には良い影響は与えませんね。

第3四半期決算を無事に通過し、ここまで継続的に監視していたシグマクシス【6088】

再び自社株買いの予感がするのは私の妄想でしょうか?

以前の投稿では同じコンサル業としてベイカレントとシグマクシスを比較したのですが、調べていくとこの二社にはコンサルへの関わり方に違いがあることが分かりました。

なので今回の投稿はシグマクシスについての事業実態とその未来の話をしていきます。

シグマクシスの強み

ケネディクスと同じ匂いがするとちょっと舐めた扱いをしていましたが、ベイカレントには無いシグマクシスの強みがありました。

NTTアドバンステクノロジ【NTT100%出資の完全子会社】

経済産業省によるDXレポートでも企業の複雑化した既存基幹システムを2025年までに刷新する必要性があると書かれています。

この『2025年の崖』が指摘されるなどERP刷新に向けた経営者へのプレッシャーは高まっています。

ERPはEnterprise Resources Planning【エンタープライズ・リソース・プランニング】の略です。

ERPとは企業経営の基本となる資源要素【ヒト・モノ・カネ・情報】を適切に分配し有効活用する考え方を意味し、現在では基幹系情報システムを指すことが多く、企業の情報戦略に欠かせないとても重要な位置を占めています。

NTTATはSAP社の次世代クラウド統合業務ERPであるSAP S/4HANA Cloudの財務会計、管理会計、販売管理、購買管理およびプロジェクト管理に関わる複数モジュールを一括導入しました。

これは国内企業初の次世代クラウド統合業務ERP導入であり、多くの企業がこのパッケージの導入をする際はシグマクシスのコンサルが必須であることを意味します。

まぁ必須とは言いましたが、シグマクシスと繋がりの深いSAP社次第といったところですね。

ちなみにシグマクシスのSAP S/4HANA Cloud認定資格取得総数は65個と業界トップクラスです。

なので、今後は導入案件が拡大するのは確実だと私は考えています。

競合他社は多いかもしれませんが、国内初のこの案件に関わっていることは、今後のシグマクシスの事業展開において重要なことだと思います。

余談ですが塩野義製薬が経費管理クラウドサービスConcur Expenseを導入にもシグマクシスが支援しています。

このConcur ExpenseはSAPグループのConcur社が提供する経費管理クラウドサービス。

SAP社は主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位です。

SAP社の日本でのDX事業はシグマクシスに優先的にコンサルを任せられれるとしたら、今後の業績に期待せざるを得ない。

JAL【貴方にお送りする音楽の定期便~JET STREAM~】

50年使い続けた基幹系システムの全面刷新に初めて挑んだ日本航空の予約・発券システム刷新『SAKURAプロジェクト』。

投資総額800億円超、苦節約7年におよぶ、このSAKURAプロジェクトには複数の企業が絡んでいます。

このプロジェクトでは推進するPMOとしてだけでなく、システムの定義、社内関係部門との調整、システム切り替えなど、プロジェクト内の全チームにシグマクシスのコンサルタントが常駐しています。

PMOはProject Management Office【プロジェクト・マネジメント・オフィス】の略です。

PMOとは企業や組織において個々のプロジェクトマネジメントの支援を横断的に行う部門や、構造システムのことを指します。

JALの案件関してはコロナ影響の改善と共に利益は大きく戻してくるのは間違いないでしょう。

何故ならコロナ禍で引き上げていた常駐コンサルタントが再び必要となるからです。

ベイカレントとは異なり官公庁関連の案件はありませんが、大手企業との大型案件が継続的に稼働しているので利益はかなり安定しているでしょう。

特に注目すべきはアライアンスを組んでいる企業の中に先に紹介したSAPオラクルがあるのは今後のDX市場においては必要不可欠な繋がりだと思います。

フードテック事業への取り組み

市場規模は700兆円とされるフードテック市場。

食とITが融合するフードテックとはITを活用して食料の生産から加工、流通、消費までのサプライチェーンを見直して食品ロスの改善。

そしてAIを活用したスマート農業やインターネットと家電が連携したりするスマートキッチンなどフードテックの適用範囲が広がっています。

シグマクシスはフードテックのリーディングカンパニーとされていますが、今の段階ではその実態がなかなか掴めない。

ですがコンサルとしての役目として企業間の垣根を超えた結び付けの仲介役となるイベントや講習会を開催しています。

このイベントは他業種を結び付ける為に行ってる訳ですが、実はシグマクシス自体が抱えるフードテック技術にスポットが当たっていない。

彼らが構築しているフードテックのプラットフォームの真価は遠い未来の話では無く今現在の話だということを多くの投資家に周知されなければならないと感じます。

だからこそ新興コンサルであるシグマクシスの真価が開花するのは、まさにDX元年と言われる、この瞬間なのでは無いかと思います。

ベイカレント程の大規模採用ではありませんが、今年も多くの優秀な人材を採用し教育しているので、これは来期以降への大きな布石となっています。

人的資源つまりヒューマンリソースの確保が困難になる時代は既に訪れていることを理解し、コロナ禍でも人材確保に力を入れて抜かりが無いのは二社とも同じです。

前回の投稿でちょっと馬鹿にして、ごめん!シグマクシス!

あつ森島民限定!第三回『円卓の会』!

日時は2021.2.28(日)の14時~15時までアヴァロン島を解放します。

今回も主にのうみによる来島者へのアンケート&雑談をしようと考えています。

上記の日時なりましたら、下記に招待用パスワードを掲載します。

2021.2.28追記予定

アヴァロン島『円卓の会』招待コードは【00000】です。

アンケートに協力してくれた方は先着5名様に限り『マイルりょこうけん2枚』をプレゼント。

ボイチャはNG。

ご参加を心よりお待ちしております。

たぶん、満員御礼になることは無いと思うのでスムーズに来島できるはずです。

仮に誰も来なくとも途中でゲートは締めることはないので、時間ギリギリでも安心してね。

今回も監視役のフレンドが来島している場合がありますが、そいつは無視してくださいw

次回投稿の株式観音捌乃掌【冨樫先生、ネームでも全然ありだと私は思いますよ(仮)】につづく。

それじゃ~また。

-おかねのはなし
-, ,

© 2021 シグナログ