マンガ&アニメ

ポケットの中の戦争【この宇宙の片隅に】

ポケットの中の戦争

どうも、のうみです。

戦争がもたらす現実というものがこれほど心に深く突き刺さる作品に未だ出会ったことが無いくらい全ての人に観てほしい物語。

この記事を書きながら思い出すと涙がでてしまうぐらい悲しくもありそして希望に満ちた作品

それが『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』です。

ガンダムの名前が入っていますが正直モビルスーツの存在を抜きにしてもまったく問題のないくらい素晴らしい脚本であり深いテーマを持った作品です。

ガンダムファンなら知っている人もいるとは思いますがニュータイプではないパイロットが主人公の唯一の作品です…たぶん。

舞台は一年戦争の末期、中立コロニーのサイド6。

ジオン公国の特殊部隊サイクロプス隊に急遽配属された青年パイロットバーニィとサイド6の中立コロニーリボーに家族で暮らしている少年アルとの出会い。

そして、リボーに帰郷してきた隣人のお姉さん的存在の地球連邦軍テストパイロットクリスがこの混迷する戦争に巻き込まれていくのです。

サイクロプス隊に託された極秘任務ルビコン計画はこのリボーに密かに輸送された新型ガンダムを奪還することでありその任務を背負ったバーニィはアルと共に情報集め交流を深めていく。

そして互いの境遇を知らぬままアルの出会いをきっかけにバーニィとクリスは出会い互いを意識するようになる。

ただクリスにも連邦の極秘任務ガンダムNT-1のテストパイロットとしてこのコロニーに戻ってきたことを二人は知ることはありませんでした。

ちなみにガンダムNT-1ことアレックスはニュータイプ専用機でありアムロに引き継ぐために機体テストをこのコロニーでしていたのです。

同じものを守りたかったが故の残酷な結末

物語の終盤にはルビコン計画の失敗によりバーニィ以外の兵士は皆殉職して、いよいよこの戦争はジオンの敗色が濃厚なっていきます。

そこでジオンはガンダムの奪還を諦めて一部の将校の独断で核による攻撃でコロニーごと破壊する計画を進めていきます。

それを知ったバーニィはコロニーから脱出することをアルに打ち明けて去ろうとするのですが、コロニーを守ってと懇願するアルや想いを寄せるクリスそしてこのコロニーの人々を見捨てることができずにガンダムと対峙することを決意します。

ガンダムさえこのコロニーから消えれば、ジオンも核攻撃をする意味が無くなる考えてアルと共にガンダムと戦う計画を練りついにその日を迎えます。

バーニィの搭乗するザク改の前に現れたガンダムと戦闘になり互いの機体は激しく損傷し、そしてガンダムのライトサーベルがザクのコクピットを貫きます。

コロニーを逃げるように言われたアルはその場を目撃していて激しく大破したガンダムからテストパイロットとして搭乗していたクリスの姿を見つけ愕然とします。

アルがこの場にいたのはジオンの艦隊はすでに連邦軍に降伏し核攻撃の脅威はすでに無くなっていたのです。

戦争というものが何をもたらすかを知る作品

立場のことなる者が互いに守るべきもののために命を懸けていたバーニィもクリスも同じこのコロニーのために戦っていたのです。

アルに託したバーニィのメッセージにはアルを想う言葉がいくつもありましたが逆にそのことがアルを苦しめることがわかります。

アル、いいかい、よく聞いてくれ

この包みの中には、俺の証言を収めたテープや証拠の品が入っている

このコロニーが、核ミサイルの目標になった訳を知る限り喋った

もし俺が死んだら、これを警察に届けてくれ

大人が本当だと信じてくれたら、このコロニーは救われると思う

俺が直接警察に自首しようかとも思ったんだがなんていうか……

そうするのが逃げるみたいに思えて

ここで戦うのをやめると、自分が自分でなくなるような……

連邦が憎いとか、隊長たちの仇を討ちたいとか、いうんじゃないんだ

上手く言えないけど、あいつと、ガンダムと戦ってみたくなったんだ

俺が兵士だからなのか、理由は自分でもよくわからない

アル、俺はたぶん死ぬだろうが

そのことで、連邦軍の兵士やガンダムのパイロットを恨んだりしないでくれ

彼らだって、俺と同じで自分がやるべきだと思った事をやってるだけなんだ

無理かもしれないけど、他人を恨んだり自分の事を責めたりしないでくれ

これは俺の最後の頼みだ

もし、運よく生き延びて戦争が終わったらさ、必ずこのコロニーに帰ってくるよ

会いに来る、絶対だ

これでお別れだ、じゃあなアル

元気で暮らせよ!クリスによろしくな!

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 第6話「ポケットの中の戦争」より

もしこの作品を観た人ならこの文面を見ただけで、あの優しいBGMが頭の中で再生されて涙が流れるはずです。

バーニィはアルが戦いにけしかけた自分を責め続けることになること考え、このメッセージを残しておいたのでしょう。

しかし、結果としてはアルはクリスにバーニィを殺した事実を言うことなくその十字架を一生背負うことになります。

二人が何を守ろうとするために戦かったのかを知るのはアルだけであり、そのこと忘れないとバーニィに固く誓ったのだと思います。

エンディングで戦争の終結を知ったアルが泣き出したのは戦争のもたらす現実をその眼で観て体験したからこそ、様々な想いがきっとよぎったのでしょう。

アルはこの戦争から多くを学びそして大きく成長し、バーニィとクリスの二人が繋いだ想いを決して無駄にはしないと信じています。

宇宙創世紀の歴史の片隅の出来事ではありますが、だからこそ一般的な人々の目線で描かれたガンダム作品として異彩を放っているのです。それじゃ~また。

-マンガ&アニメ
-, ,

© 2021 シグナログ