洋画

セブン【この作品のテーマとは何だったのか?】

セブン

どうも、のうみです。

1995年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督のセブン、アマプラにて配信中。(2020.1.26現在)

主役を務める俳優はミルズ刑事役ブラッド・ピットとサマセット刑事役モーガン・フリーマン。

サマセットは退職まであと一週間と迫ったベテラン老刑事。

異動してきた若き刑事ミルズはそんなベテラン刑事とキリスト教の七つの大罪をモチーフとした狂気的殺人犯ジョンを追う物語です。

サマセットは老境にいたり抗うことを辞めなるべく厄介なことに関わらない性格でそれとは対照的に若きサマセットは熱い刑事魂を持っています。

この犯罪を捜査することにあまり乗り気ではないサマセットはミルズを支える役として捜査を進めていきその中でサマセットの妻トレイシーと交流を深めていきます。

そしてトレイシーから夫には秘密にしている妊娠のことを相談されサマセットは答えます。

「自分にも結婚を考えた女性が妊娠したが、こんな酷い世界に子供を産むのか?と自問し、彼女に堕胎をするように何週間も説得した」

「子供を諦めるなら妊娠は秘密にしろ。もし産むつもりなら、精一杯甘やかして育ててやれ」と…

この作品はサマセットの物語

この映画は単に猟奇殺人を捜査する作品ではありません。

サマセットはこの社会の腐敗や誰もが自衛のために見て見ぬふりするこの無関心な世界に失望しているのを感じさるシーンがありミルズがそんな社会が生む犯罪を無くせると信じているのをたしなめることがあり二人刑事のスタンスの差異がこの物語の重要な点だと考えます。

多くの経験を重ねた老人の社会へそして世界への失望感社会の生む悪意と対峙する若き青年の使命感が対象的に描かれています。

サマセットもかつてはミルズのように人の犯す罪と向かった時があり捜査の指南役を嫌々ながらも行い犯人であるジョンに徐々に近づいていきます。

しかし二人をあざ笑うかのようにジョンはその猟奇的殺人をGLUTTONY【暴食】・GREED【強欲】・SLOTH【怠惰】・LUST【肉欲】・PRIDE【高慢】に当てはまる人物を狙い次々と犯行を重ねていきます。

そんな中でジョンを目前にして逃したミルズは怒りの感情を露わにします。

なぜならミルズの命を奪えたのに関わらずそうしなかったジョンに情けをかけられて生かされたから…しかしそれはこの一連の七つの大罪の最後のピースだったのです。

そして唐突に捜査は終わりを告げます。

犯人であるジョンが自ら出頭し、全ての罪を認めたのです。

そしてある場所に行けば残りの犯行も供述すると約束してその場所にたどり着くと一台の車が近づいてきた。

七つの大罪によって完成したジョン・ドゥの天国への階段

車から降りた人物は配送を頼まれたと箱をサマセットに渡します。

その中には妊娠中だったミルズの妻トレイシーの首が入っていたのです。

そこから離れた位置にいたミルズとジョンは会話してそこに妻の首があることを伝えます。

サマセットは駆け寄り怒りの銃口を向けるミルズに語り掛けます。

「殺せばお前の負けだ

ジョンは最後にこう語ります。

「私はミルズ君の家庭に嫉妬したのだ」

銃弾がジョンの頭を貫きこれで七つの大罪は完成したのです。

それはジョンのENVY【嫉妬】・ミルズのWRATH【憤怒】によって全ての罪人に罰を与え、その使命を終えた。

サマセットの心境の変化について

実に後味の悪い映画と思われても仕方がないぐらい絶望的な結末です。

しかしラストで連行されるミルズを見送るサマセットが『ヘミングウェイも書いていた。世の中は美しい、戦う価値はある。後の部分には賛成だ。』こう言って物語は幕を閉じます。

このセリフに込められたメッセージは何を意味しているのでしょうか?

後半部分には賛成ということは前半の『世の中は美しい』を否定して、それは人生の終盤となった老いた刑事サマセットがやはりこの世界は腐敗していると確信したのです。

しかし後半の『戦う価値はある』は賛成ということはそれでもこの世界には戦うだけの価値があると言っているのです。

物語において終始、この社会に世界に失望感を抱いていたサマセットがどうしてこのような心境の変化があったのでしょうか?

ミルズがジョンを殺したことでそれが負けたのだとしても妻の為、まだ見ぬ子供の為にその引き金を引いたことが無意味なことだとは思いたく無かったはずです。

例え負けだとしてあるいは変えることのできない結末だとしても抗うことへの意思が若き刑事ミルズから老刑事サマセットへと受け継がれる物語こそがこの作品のテーマだと思います。

腐敗した世界に抗うことに年齢は関係無く生きている者は失ったも者の為に一歩を踏み出さなければならないと言われているようにも感じます。

何のためにミルズが戦い、何のためにトレイシーと小さな命が失われたのかはサマセットの今後の生き様に掛かっているのだから…

以前紹介したトゥルーディテクティブもそうですが海外刑事作品のテーマの深さに感銘します。それじゃ~また。

-洋画
-, ,

© 2019 Noumi StudioSif