マンガ&アニメ

おおきく振りかぶって【駆け引きの奥深さを学べる野球漫画】

おおきく振りかぶって

どうも、のうみです。

今回は月刊アフタヌーンにて連載中のひぐちアサ先生の作品『おおきく振りかぶって』を紹介します。

中学時代の野球部でのトラウマによって、高校では野球を辞めると決めていた卑屈な性格ピッチャーの『三橋 廉』と指示通りの球を投げない投手が大嫌いなキャッチャー『阿部 隆也』を中心とする一年生だけで構成された西浦高校野球部。

そのチームを束ねる監督の百枝まりあ、通称『モモカン』の指導の下、甲子園優勝を目指す物語です。

西浦高校のOGでもあるモモカンの過去がとても気になります、スピンオフ作品とかでないかな?

様々な野球マンガはあるなかでこの作品は異彩を放っている理由について語りたいと思います。

スポ根要素は少なめで細かい心理描写の作品

王道路線で展開で捕手と投手にスポットを当てていますが、スポ根的な要素が薄く繊細な心理描写が描かれているのが他の野球漫画とは異なるところです。

物語の序盤は捕手の阿部によるバッターとの駆け引きによる配球の心理描写が細かく描かれていたのに驚きました。

よくあるのは絶対的な投手の力でチームが勝ち進むのが定石なのですが、この作品の場合は投手の三橋は高い制球力があるのですがスピードのある球は投げることはできません

なので独特な球筋で変化するストレートと変化球を絡ませながら阿部のリードによって試合が展開していきます。

自信が無い投手が計算された捕手のリードによる試合は他の野球マンガには無い独自の面白さがあります。

三橋は阿部のリードに身を委ねているため時折迷いを感じる時もあります。

それでもリードを信じて安心して投げることができるのですが、物語が進むと少しずつ二人の関係性に変化がでてきます。

成長し変化する二人の関係性

制球力が高く自己主張をしない三橋は阿部にとって使いやすい投手であり捕手にとって都合の良い投手なのです。

一方、阿部にリードを信じているからエースとして投げれると思っているため、配球指示に意見をすることはしない。

そのため、投手の判断で回避できた危機を逃してしまうこともありました。

試合が追い詰められた展開になった時にマウンドに立っているのは三橋であり、打たれた責任を阿部に背負わせていた三橋は悩み葛藤しながらも二人は信頼関係を築きながら成長していきます。

こういう展開で成長していくバッテリーの野球漫画に出会ったことが無かったので、改めて高校野球の駆け引きの奥深さそしてチームや監督そしてバッテリーの性格が大きく展開を左右することなどに触れさせるくれる素晴らしい作品ですので是非読んでみてください。

作者が野球が大好きじゃないと、こんなにもリアルな心理描写は絶対できないと思います。それじゃ~また。

-マンガ&アニメ
-, ,

© 2019 Noumi StudioSif