洋画

ウルフ・オブ・ウォールストリート【パーティーの始まりだ!】

ウルフ・オブ・ウォールストリート

どうも、のうみです。

アメリカンドリーム。

それを描いた映画はいくつもありますが、その中でも私が観てきた中で一番ぶっ飛んでる作品を紹介します。

レオナルドディカプリオ主演のウルフ・オブ・ウォールストリートです。

舞台は1987年アメリカ、株式仲買人になる為に野心を秘めたジョーダン・ベルフォートはウォールストリートに夢を抱いてバスを降りた。

投資銀行ロスチャイルドで半年かけて資格をとって、これから仲買人として儲けるその日にブラックマンデーによって会社は倒産。

しかし、そこで学んだ顧客を巧みに誘導する話術と知識を駆使して、転職先でペニー株を顧客に売り2000ドルあっさり稼ぎ社員から一目置かれる。

味を占めたジョーダンは素人同然の顧客にペニー株をひたすら売りまくる。

高リスクながら報酬も高く作中ではなんと手数料50%。そんな詐欺まがいの販売方法で電話の向こうの顧客に売りつけていたペニー株とは非上場の超低位株つまりクズ株

『ストラットン・オークモント証券』設立

まるで老舗のような立派な社名のストラットン・オークモントに集まったのはジョーダンにドラックを教えたドニー、ニッキー、チェスター、ロビーなのですが、みんなセールス経験のない素人ばかり。

そこでジョーダンはセールストークのノウハウを叩き込み顧客から資金を出させて莫大な手数料を稼いでいく。

仲間を勧誘するシーンでペンを俺に売ってみろとジョンはヤクの売人のブラッドに問います。

ブラッド「このナプキンに名前を書いて。」→ジョーダン「ペンが無い。」→ブラッド「ペンはここにある。

何気ないセールストークですが需要を生みだし供給する。

つまり価値を生み出すプロセスがこのシーンには凝縮されていることが分かります。

そして、会社は急速に成長していき『のうみのまた~り株式講座』でも以前に紹介した新規公開株(IPO)をするなどして、さらに利益をあげて社内は狂気的な盛り上がりをみせます。

グレーいや完全にブラックである違法な方法で稼ぎまくっていたため、FBIにマークされいることジョーダンを知り現金の保管場所に困りスイス銀行の口座に移すのですが…

仕事もプライベートも狂気狂乱!

この映画は伝記であり実際の出来事をもとに描かれているそうです。

しかし、コメディの要素が多くとりわけ際立ったシーンがド〇ックとセッ〇スです。

大きな金が動くウォール街の証券業界に携わる者の宿命とばかりにどっちもやりまくっているのですが、ホントなのか?と疑うぐらいの狂乱ぶり。

それくらい登場人物全員が倫理観の欠片も無いくらいぶっ飛んでるんです。

こうした派手で狂気的な行動がエスカレートした結果ジョーダンは獄中に入ることになりますが、それで終わらないのがジョーダンの凄いところ。

自分の伝記を本にしたり、世界を飛び回り講演をするなど今もモデルとなったジョーダン・ベルフォート氏は精力的に活動中。

この映画はその伝記を基に制作されたもので、その売上と版権でさらに多くの財を築き上げていて、まさにウルフの名に相応しい人生ですよね。

まさにアメリカンドリームを絵に描いたような波瀾万丈な人生です。それじゃ~また。

-洋画
-, ,

© 2021 シグナログ