洋画

A.I.【少年とぬいぐるみの二千年の旅路】

A.I.

どうも、のうみです。

三日間連続の映画感想なのは連休中に10本も鑑賞したためです。

その中から今回紹介する作品は2001年に公開された『A.I.』。

この作品は2001年宇宙の旅で有名なキューブリック監督によって本来は制作される予定だったのですが、監督の死去によってスピルバーグ監督により制作された映画です。

科学技術が高度に発展した近未来、そこは温暖化による海面上昇によって生存区域が狭まったことで人口抑制のされた世界。

出産は管理され、そんな世界で息子マーティンを不治の病により冷凍保存し眠り続ける姿を見守る夫ヘンリーと妻モニカに愛情を持ったロボットデイビットが息子の代わりに預けられた。

デイビットは世界で初めて特定の相手に愛情を抱くプログラムが組み込まれており起動したモニカを母として愛するようになるのですが…

永い旅の始まりと終わり

モニカの愛を感じながら家族として受け入れられていた日々は突如終わりを迎えます。

息子マーティンが病を克服して家族の下に戻ったことでモニカのデイビットへの関心は薄れていき、そんなある日デイビットのとった行動によってマーティンの命が危険に晒されてしまいます。

製造企業に返却することを考えたモニカですがデイビットのことを思い悩んだ末に廃棄される未来から逃すために森へと連れていきます。

捨てられたと感じたデイビットは親友である熊のぬいぐるみテディと共に母モニカに愛されるため人間になるという夢を叶える永い旅が始まる。

旅の途中に女性に一時の夢を与えるジゴロ・ジョーとの出会いと別れ。

自分の成り立ちを知り絶望するデイビットは母モニカの愛を得る為に夢を叶えてくれるブルーフェアリーを探します海の中へと向かいます。

永い旅の終わりにピノキオに登場した夢を叶える妖精を目の前にしてデイビットは人間になれるように意識が無くなるその瞬間まで祈り続ける。

デイビットが見た『ビジョン』の正体

デイビットの何度か見えていたビジョン【羽を広げた鳥】は製造時の記憶であり実際は特に意味のない後光に照らされた像でした。

意味があると信じて行き着いた答えが、実は何の意味も無いと理解したデイビットは絶望する。

しかし、本当にこのビジョンには何の意味も無かったのでしょうか?

デイビットを導いたこの象徴的なビジョンは希望と絶望をもたらしたのですが、その試練こそがブルーフェアリーとの邂逅を生みだし、彼らと出会うことになります。

彼らは地球外生命などではなく、恐らく人間の絶滅した世界を管理する人の創造したA.I.の進化の果てに生まれた人間の遺志を継いだ生命なのかもしれません。

記憶の中で人を生かすためデイビットから彼らへと人の記憶が継承される、これも一つのなのかも知れませんね。

ラストでテディが体の中に隠したモニカの髪の毛からクローンによってデイビットは母の愛に満たされて生まれて初めての眠りにつき物語は終わりを迎えます。

この作品が人から機械へと命が継承される物語のように感じました。モニカからデイビットへ、デイビットから彼らへと。それじゃ~また。

-洋画
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif