海外ドラマ

フリンジ【絡み合う人と組織そしてもう一つの世界!】

フリンジ

どうも、のうみです。

今回紹介するのはスターウォーズエピソード7~9で監督を務めたことで知られるJ・J・エイブラムスの作品『フリンジ』。

後半のシーズンこそツッコミたいところはあったけど…それを差し引いても圧倒的に面白い作品です!

FBI捜査官の『オリビア』は恋人のジョンと捜査中に事件に巻き込まれて通常では考えれない事件を追うことになり精神病院にいる境界科学あるいは非支流化学つまりフリンジサイエンスの権威である『ウォルター』に会いために後見人の息子の『ピーター』に出会うことから物語が始まる。

話が進むにつれ隠された過去を共有していき徐々に心を開いていき、まるで家族のようなチームになっていくのもグッとくるものがあります。

他にも際立った個性的なキャラクターばかりです。

ウォルターにいつまでたっても名前を覚えてもらえないFBI捜査官『アストリッド』フリンジチームのボスこと『ブロイルズ』やマッシブダイナミックの面々などあげれば紹介しきれないほどです。

謎!謎!謎!解決してもまた新たな謎!

この作品の引き込まれるポイントはまさにココにあります。

謎の演出と解明される衝撃のドキドキ感の虜になること間違いなしです!

謎が出現してもそれが解明されるのはずっと先で観てる人はその答えがいつ出るのかと期待しながら観てしまう。

突然解明されることもあれば、じっくり時間をかけてジワジワと解明される場合もあります。

もう一つの世界と監視人の存在について

多少ネタバレにはなりますがフリンジを語る上で絶対に切り離せないものがあります。

もう一つの世界』と『監視人』です。

マッシブダイナミックの技術は明らかに描かれた世界には適さないオーバーテクノロジーです。

物語が進むにつれその伏線は徐々に露わになっていきます。

オリビア達のいる世界と僅かにズレた平行世界の存在を…

その世界では911テロの標的はホワイトハウスだったので貿易センタービルは健在だったり自由の女神が銅だったりコーヒーが高級品だったりするなどこちらの世界とは異なります。

いずれ起こるであろう『次元間戦争』の果てに残れる世界は一つでしかないことをオリビアは知ることになるのですが…

それと物語の重要な鍵を握るのがフリンジ事件があるたびに確認されている見ているだけの監視人の存在。

スキンヘッドに眉無し色白で黒スーツに黒ハットという姿でなにかの目的をもってフリンジ事件あるいは人類を常に監視しています。

フリンジ事件があるところに常にその存在が確認される謎の存在と初めてフリンジチームが対峙することになるのですが、この回は心の底からゾクゾクしました。

そしてファーストシーズンの最終回にマッシブダイナミックのトップの『ウイリアム・ベル』とオリビアの邂逅は最高の演出でした!

恐らくですが俳優のプライベートや人気ゆえの長期化が素晴らしい脚本を歪めたのだと思ってます…それじゃ~また。

-海外ドラマ
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif