海外ドラマ

ロッジ49【あなたも山猫騎士団で錬金術を学ぼう!】

ロッジ49

どうも、のうみです。

今回の戯言は「笑い」と「社会風刺」と「ファンタジー」の三つの要素が混ざり合った独特の世界観を描くドラマ『ロッジ49』です。

秘密結社『山猫騎士団』と『錬金術』の謎

カルフォルニアのロングビーチに住んでいる楽天的でちょっぴりおバカな元サーファー『ダッド』は父親の死と自身に起こった事故によって生きる気力を失いホームレス同然。

そんな時にひょんなことから『アーニー』に出会いそこから秘密結社『山猫騎士団』に入団して価値観を共有できる人達と出会い生きる意味を取り戻す物語です。

ダッドには妹『リズ』がいて亡き父親の残した借金の保証人になり、返済の日々に疲れ果てていました。

それでも生きるために働くしかないと半ば諦めた人生をおくっていたところにダッドが居候することになるのですが…

そして、もう一人の主人公アーニーも多くの問題を抱えているのですがとても愛すべきキャラクターです。

昔の恋人と関係を断ち切れなかったり、一旗揚げよう躍起になるも空回りするところなど哀愁を感じます(笑)。

この作品には登場するキャラクターはいろんなダメ人間がでてくるので、とても感情移入がしやすくてそこがこのロッジ49の良さだと思います。

社会風刺の要素は日本に格差というものがあるようにアメリカにも人種や所得などによる大きな格差があることをこの作品から垣間見ることができます。

借金漬けから抜け出せないダッドとリズの兄妹や企業の大規模リストラなど笑いを絡めてはいますが暗い影が物語の節々に存在します。

現実世界の中に垣間見えるファンタジーの要素

登場人物がそれぞれ抱えている問題と向き合い、前に進んでいく様子を山猫騎士団を中心に描かれています。

ダッドは山猫騎士団が自分の求めていた場所だと感じてさまざまな人を巻き込みながらも再生の道に進むのですが、そこに『錬金術』という異質なキーワードがあります。

山猫騎士団の創始者フリッツ・メリルが発見したというこの錬金術とその記録を記述した書物の存在。そして…真のロッジへと物語は多くの謎を残したままシーズン1は幕を閉じます。

ファンタジー要素が垣間見えるのは『虹色オーラ』『馬に乗った甲冑騎士』『地下室の発光現象』『ドラゴン』のたぶん4つですが、現実世界に異質なシーンが入り込む瞬間のインパクトは絶大です!

さりげくリズの勤めていた企業シャムロックの本社に『ハーウッド・フリッツ・メリルに関する新考察』の本が置いてあることなども気になります。

シーズン2が待ち遠しいです。視聴したらまた投稿します!それじゃ~また。

-海外ドラマ
-, ,

© 2021 シグナログ