海外ドラマ

宇宙船レッド・ドワーフ号【過激な笑いがクセになる!】

宇宙船レッドドワーフ号

どうも、のうみです。

SFコメディの金字塔でイギリスBBCより1988年から放送開始されて途中10年ほど空白期間はありますが2017年に第12シリーズまで公開された『宇宙船レッド・ドワーフ号』です。

放送コードギリギリの笑いが満載!

ギターは下手だが心優しき『リスター』、口は悪いが繊細な性格『リマー』、猫から進化したオシャレ命の『キャット』、人間に奉仕するお掃除ロボ『クライテン』の野郎ばかりのSFコメディです。

宇宙船レッド・ドワーフ号の三等技術士リスターは妊娠した猫を持ち込んだことで懲罰をかせられ冷凍保存で謹慎を命じられ…目覚めてみると300万年が経過していたというぶっとんだ展開から始まります。

なぜこんなことになったのかマザーコンピューターの『ホリー』に聞くと事故が起きて船内が汚染されその除去に300万年かかってしまったとのこと。

当然船員は一人残らず死んでいるのですがホリーがリスターの正気を保つため1人だけ実体のないホログラムとして復活させてくれていたのがリマーです。

しかし過去のリスターとの会話データからもっとも親しいと選んだのですがそれは単にクサレ縁で毎日罵り合ってただけだったのです。

そこにもう一人かつてリスターが飼っていた猫の子孫であるキャットと不時着船から救出されたお掃除ロボのクライテンと出会い、地球を目指して宇宙を漂う日々を過ごすことになります。

コンプライアンスOKなの?あのNHKで放送してた!

『宇宙船レッド・ドワーフ号』は日本で最初に公開されたのは1998年ですが、なんと『NHK』で放送されていたのです!

放映当時に観ていた世代ではないのですが、ありえない(笑)!

このレッドドワーフの笑いはかなりブラックユーモアが多く下ネタも満載だから深夜にやってたらしいけど絶対今は放送できないと思います。

ただNHKだからこそできた日本語吹替の豪華声優陣には今あらためて驚愕します。

お亡くなりになった人もいますがみんなレジェンド声優です。

そのレジェンド声優の江原正士さんが吹替声優を務めるリマーが大好きでした。

憎まれ口を吐きまくり人を罵ることが大好きだけど実は劣等感とコンプレックスの塊だった腰抜けでおバカなリマー。

なのに憎めない、だってリマーはのうみにとってはヒーローだから…

きっと人にはみんなリマーに共感を感じる部分が存在するからこの作品で一番愛されたキャラクターなのだと思います。

笑いは心のオアシス…ドワーフフォーエバー!それじゃ~また。

-海外ドラマ
-, ,

© 2021 シグナログ