ゲーム

ダークソウル妄想録②【深淵と王のソウルについて】

ダークソウル妄想録

どうも、のうみです。

少し長めになるのですが読み進めることで新たなダークソウルの物語が姿を現してくるかも。

それではさっそく前回の続き、プロローグの第二節と第三節の部分について妄想考察してみます。

だが、いつかはじめての火がおこり 火と共に差異がもたらされた

熱と冷たさと 生と死と そして、光と闇と

そして、闇より生まれた幾匹かが

火に惹かれ、王のソウルを見出した

 

最初の死者、ニト イザリスの魔女と、混沌の娘たち

太陽の光の王グウィンと、彼の騎士たち

そして、誰も知らぬ影の小人 それらは王の力を得、古竜に戦いを挑んだ

引用元:www.darksouls.jp

今回も重要なキーワードが幾つかあるので説明しますね。

はじめての火【原初のソウル】

前回説明しました通り認識する力

世界と生命を繋ぎ止める力

それによって互いが異なることを認識することで差異が生まれる。

差異

まだ分かたれずあった古い時代がはじめての火によって相反する存在(概念)が認識されたことを総称して呼ばれている。

つまり火が現れる以前は全てのものが同じ一つの存在だったということはダークソウルの世界においてはとても重要なことなのだと考えられます。

王のソウル

はじめての火から発生した差異によって闇から生まれた生命がソウルを得て生み出した差異の性質を宿した力

ソウルとは宿る者の意思の根源的な力或いは意思そのモノ

魔術・呪術・奇跡は個人の意思や認識によってその性質を変化させていることから考えると意思の根源的な力のように感じる。

けれども明らかにソウル自体に最初から特質した性質があるようにも見える。

闇より生まれた幾匹

今回のテーマで最も重要なキーワードです。この言葉が示しているのは全ての神々も人も闇から生まれてることがわかります。

つまりはじめての火の出現により差異が発生してその光と相反する闇から全ての生命が生まれたのです。

さらに考察を深めると何故、幾人ではなく幾匹と表記しているのでしょうか?

これは私の妄想ですがそれは王のソウルを見出したのはニト・イザリス・グウィン・影の小人ではなく闇から生まれた原始的な生命だったのではないかと思っています。

だから王のソウル王の力を別の表記にしているのだと。

永い時が流れソウルを得た生命の進化した果てにニト、イザリスの魔女と混沌の娘たち、グウィンと彼の騎士たち、影の小人が王の力を獲得して古竜に戦いを挑んだのだと考えています。

もしかしたらその進化あるいは変化の途中にロイドの存在もあったかもしれませんね。

※ロイドは名前だけの伝記上の存在と思っていますがまたそれは別の機会。

神も人も生命は『闇』つまり『深淵』から生まれた

だからどのような力を得ようともその本質はなのです。たとえの性質を得たとしても。

火の消える運命を理解していた者がこの闇の性質を受け継ぐ人間を火継ぎの薪に組み込んだのも必要不可欠だったからなのかもしれません。

それ故に取り返しのつかない歪みを篝火の中に取り込んだことはお察しの通りです。

では闇とは何なのでしょうか?

それはアルトリウスが蝕まれた深淵です。

それではダークソウルで頻繁にでてくる深淵とは何でしょうか?

この深淵こそが神々や人つまり生命の中に宿るソウルが澱み腐った果てにその重みで深い底のさらにその底に沈殿した原初生命の根源的な力つまりソウルが帰るべき本当の故郷だと思っています。

『深淵』に『夢』と『悪夢』世界も根っこでは繋がっている

突飛な妄想だと思うかもしれませんが深淵とは霧で覆われた世界で失われたソウルの業を探求する者が求める場所だったり、

あるいは上位者と呼ばれるの血を利用してその業を引き出す者が渇望する先にある世界なのだと思っています。

そこには魔術・呪術・奇跡・神秘の業も内在していて時代や場所によっては蟲の住処神々の墓標上位者の寝床と呼ばれることもあったかもしれません。

神も人も最終的には澱みに堕ちて蟲となり蠢くそれらの遺志は引き上げられるその時を待っているのかも。

もしかしたら無数の世界はそうした穢れた生命の遺志によって深淵の世界で一つに繋がっているのかもしれません。

そして闇から生まれた生命の内に宿す業【ごう】すなわち欲望や渇望が深く沈んだ禁忌の業【わざ】を必ず引き出してしまう運命を背負っているのではないでしょうか。

では次回はダークソウル妄想録の最終章となります。

異なる世界もこうして考えると実は繋がっていると考えるとゾクゾクしませんか?それじゃ~また。

-ゲーム
-, ,

© 2021 シグナログ