ゲーム

ダークソウル妄想録①【原初のソウルと灰の世界について】

ダークソウル妄想録

どうも、のうみです。

よくある考察とは異なり私のフロム脳で限界まで啓蒙を高めた妄想で構成していますので、寛大な心でお楽しみください。

今回は物語の始まりでもあるダークソウル【無印】のプロローグにあたる部分を妄想してこうと思います。

古い時代 世界はまだ分かたれず、霧に覆われ 灰色の岩と大樹と、朽ちぬ古竜ばかりがあった

 

だが、いつかはじめたの火がおこり 火と共に差異がもたらされた 熱と冷たさと 生と死と そして、光と闇と

そして、闇より生まれた幾匹かが火に惹かれ、王のソウルを見出した

引用元:www.darksouls.jp

これがプロローグの第一節と第二節にあたる部分ですね。3つほど重要なキーワードがあるので説明します。

デモンズソウルの世界にも存在した、認識することで互いの存在や世界との繋がり維持していたソウルの力を遮る概念です。

要人が必死に繋ぎ止めなければいけなかったのはこの霧に宿る性質のため。

灰色の岩と大樹

古竜と巨人と亡者のなれはて

観察してみると無数の樹が束なっているようなのでもしかしたら巨人や亡者が纏まって束状になったのかも。

※【DS2】巨人の亡骸が樹に変化している。【DS3】祈る亡者が樹に変化している。そして古竜は石へ。

朽ちぬ古竜

アンディールが探求の果てに巨人あるいは巨人のソウルを変質することで生もうとした人造版古竜ですが、それが示す事実は巨人には竜への変態要素が存在したこと、それは人の中にもありました。

生命を超越した存在であり差異の発生以前の世界にいた古竜とは恐らく生命の終着点ではないかと思っています。

人、巨人、神のたどり着いた終着点は異なり、ある者は灰へ、ある者は大樹へ、またあるものは生命を超越した竜へ変態し朽ちることのない世界の一部(石)になったのかも。

※【DS2】アンディールは弟でもあるヴァンクラッド王に幽閉され館で人道的実験を繰り返していた。そして生命に宿る原罪の正体を探求した者…そういえば彼は樹に変態していましたね。

灰の時代よりさらに古い時代に隠された生命

お気付きだと思いますが、古い時代の以前に生命の存在が隠れていることが記されているのです。

プロローグにはありませんが灰の時代と呼ばれる理由でもある積み重なったを憶えてしますか?

あれは幾度となく受け継がれた火によって燃えそして消えたいった人と神の生きた証。

これらを踏まえてプロローグの一節目を解釈すると…

人や神々さえもいない時代、未だそこには差異は存在せず互いを認識することすらできない世界だけがあり、かつて生きていた生命が残した灰色の岩と大樹と朽ちた古龍だけがあった。

それでははじめての火はどうやって生まれたのでしょうか?

DSⅢのエンディングの一つである火継ぎの終わりで火守女が失ったが見せた遥か先の未来が見せた通りという器に内包されたソウルは全てが朽ち果てた世界に降り積もり、そして燻り(くすぶり)また火が生まれるのだと。

そしてそこから世界に差異が生まれれ世界は何度も繰り返される。

火から灰が生まれ、灰から火が生まれる。

無限の循環輪つまりダークリングが人にあるように世界にもこの無限の循環が存在するのですが、どうして人や神そして世界にそうした性質があるのか?

それは二節目に記されてるのですが、それは次回の投稿につづきます。

妄想と考察が混ざっているのですが楽しんでもらえたら嬉しいです。それじゃ~また。

-ゲーム
-, ,

© 2021 シグナログ