洋画

ウォッチメン【ヒーローだって人間だもの】

ウォッチメン

どうも、のうみです。

今回紹介するのはアメコミの中でもひときは異彩を放つ『ウォッチメン』です。

時代は1930年のアメリカ合衆国。

法を犯す者達を自らの手で裁くために覆面を被ったヒーローが一同に結集した『ミニッツメン』が結成された。

第二次世界大戦を期にミニッツメンは戦争にも関与をすることになりその権力は政治にも及ぶようになるのですがある者は報復によって殺され、またある者はヒーロー引退するなど次第に姿を消していきます。

時代は移り新たなヒーロー組織ウォッチメンが結成されたが、その実態はヒーローを軍事目的で利用するために政府による管理された組織へ変容していき、これによりアメリカは世界の覇権を握ったように思えたが…

正義により監視された平和な世界

世界はその力に恐怖し、アメリカ国内でもヒーローへの反発も起こり始めて大統領はキーン条例によって覆面をした自警行為を禁止されます。

このキーン条約によりヒーロー達の活動は制限され超人的能力の持ち主マンハッタンのみが政府公認のヒーローとして活動を許された。

秩序を守ってきたヒーローはマスクを捨て一般人として身を隠し生きる者などそれぞれの道を歩み始める。

ミニッツメンのメンバーでもあったコメディアンが殺害され、その捜査するロールシャッハによって再びウオッチメンのメンバーが秘密裏に動き始めた…

ヒーロー達が生み出した混沌世界

現実世界にはいないヒーローの存在によって世界は平和になることは無くむしろ秩序は乱れ国際情勢は危機的な状況になっています。

抑止力として存在することがかえって恐怖と畏怖を世界に蔓延させて緊張状態がアメリカとソ連の間で続く。

これではヒーローは正義では無くそれどころかのような扱いになっていますよね。

ヒーローは超人的能力の持ち主ですが人間であり世界のために戦っていたはずなのにいつの間にか孤立し人々を守る理由が失われていく様はなんとも悲しいです。

世界を救済もでき破壊もできるヒーローであるマンハッタンが行き着いた答えは自身が強大な悪になることで世界を団結させ、世界に平和をもたらすことでした。

皮肉なもので人間はヒーローを正義の存在として扱うことで混沌の世界へと堕ちてしまい、悪として扱うことで世界の秩序が保たれるなんてヒーロー目線から見れば人間こそが…

こうしたアンチテーゼをテーマにした作品は沢山ありますがこのウオッチメンの良さはヒーロー達の人間臭さがしっかり描かれているところです。

語り手であるロールシャッハは悪党を決して許さず強すぎる正義感により自らが悪党の血で穢れています。

未来さえも視えるマンハッタンは失いつつある人間性によって葛藤しているなどヒーローの中に人間として心が今にも壊れてしまうような儚さをこの作品を観て感じました。

ヒーローは大切にしましょうね。

アマプラで独占配信してる『ザ・ボーイ』も正義を問う物語なのでオススメですよ。それじゃ~また。

-洋画
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif