海外ドラマ

24 TWENTY FOUR 【愛国者ジャックバウワーの憂鬱】

24

どうも、のうみです。

24 TWENTY FOUR』それは物語がリアルタイムで進む、一話一時間で構成された世界的人気ドラマ。

CTU【テロ対策ユニット】に所属するジャック・バウワーはテロを撲滅させるためなら手段を選ばない捜査官。

いろいろツッコミどころ満載だけど、たまに活躍するちょっとムカつくジャックの娘キム

ジャックの理解者であり良き妻テリー

そんな家族との関係と仕事、そして政治が絡み合うのがこの作品の面白さです。

CTUメンバーも実に個性的な人達ばかりクロエ・トニー・ミシェルなどシーズンごとに入れ替わりありますが、みんなホントは良い奴らなのです。

ジャックの命を燃やした捜査もむなしく最悪の展開へ

このTWENTY FOURの魅力の一つが回避しようとしたことが、ほぼ100%回避できないことです。

あるいはさらに予想を超える悪夢的展開になることもあります。

こんな状況だからこそ観てる人はジャックと共に笑い怒り悲しむことに共有できるのです。

シーズンごとにそのテロの形態は違うのですが核兵器・神経ガス・無人兵器など、その脅威の性質の違いによってテロリストが様々な手段で攻撃や駆け引きをしてきます。

私の心に残るTWENTY FOUR BEST3!

ストーリーが恐ろしく長いので、全ては紹介はできないにですが心に残るTWENTY FOUR BEST3を解説します。

3位『シーズン6』政治的に重要な人物アサドを守るために、今まで共に戦った頼れる仲間カーティスを自らの手で殺してしまったジャックの苦悩!

もしかしたら初めてジャックが、自ら任務を続けることができないと弱音を吐露した瞬間かもしれません。

信頼で結ばれてたのに大義のために銃口を向けるしかなかったジャック。

そりゃゲロも吐きますよね。

だって、この時のジャックは20ヶ月間拷問に耐えたあとの出来事で精神が壊れるくらいボロボロなのだから。

2位『シーズン3』ウィルス兵器が放出!ホテルを完全封鎖せよ!次々に一般市民が犠牲になっていく!

感染の危険があるため誰も外に出すことができないという事実をミシェルが一般人に告げる。

自身も感染の危険を冒して中に入ったことで大切な仲間を死に追いやってしまう。

さらに、外に出ようとする一般人を止める為、銃口を向けることになる。

1位『シーズン5』CTUに神経ガスが持ち込まれ拡散!共に戦っていた職員や捜査官が死んでいくのをただ見ることしかできないのか!?

防護ガラスで密閉された部屋から仲間達が死んでいくなか、クロエの親しかったエドガーも静かに倒れる。

CTUの仲間達の亡き骸が施設内に見えるシーン…辛すぎるでしょ…思い出して泣きそうになる。

生き残った者達はそれをただ観ることしかできなかった。

そして、この神経ガス拡散の原因をもたらしたリンは制御を失った空調システムを回復させるため命を捨てた行動にでる。

この時のバックで流れる音楽が素晴らしい。

自らの死が決定しているのに、希望を託されたリンが空調を正常な状態に戻す。

部屋に戻り、神経ガスの効果が表れず安堵するのですが…

もう、この一連シーンの演出にマジ号泣しました。

心に残る名シーンをBEST3に絞ってますが、本当はありすぎて困ります。

ジャックは倫理的に無茶なことをしていますが、それは深い愛国心からの行動なのです。

家族を愛し、仲間を愛し、国を愛する真の愛国者それがジャック・バウワー。

まぁ現実に、ここまでの無茶なことは恐らくできないとは思いますが。

またいつの日かジャックに出会えたらうれしいなぁ。それじゃ~また。

-海外ドラマ
-, ,

© 2021 シグナログ