株式講座

成行注文と指値注文とは?【のうみのまた~り株式講座③】

株式講座

どうも、のうみです。

今回からは、実践に向けた講座になります。

株式を売買するときは一体どのように注文するのでしょうか?

変動する株価を売買する方法は大きく分けて3つの注文方法があります。

成行【なりゆき】指値【さしね】逆指値【ぎゃくさしね】です。

株価の流れに応じて注文方法が異なるので、この三つの注文方法は少額でも良いので模擬実践するなどしておくことをオススメします。

三つの注文方法について

成行注文【すぐにでも今の株価でほしい人はコレ!

現在値の株価での購入(売却)して約定させる取引。

購入(売却)は注文が早い方が優先される。

購入例:現在値1,000円の場合は1,000円で売りが出てる時に一番早く成行注文すれば1,000円で約定する。ただし売りが現在値で無い場合は1,001円以上になることもある。

売却例:現在値1,000円の場合は1,000円で買いが出てる時に一番早く成行注文すれば1,000円で約定する。ただし買いが現在値で無い場合は999円以下になることもある。

ちなみに約定【やくじょう】とは売買取引が完了したことを表したものです。

指値注文【決まった株価で取引したい人はコレ!

あらかじめ指定した株価で購入(売却)して自動的に約定される取引。

購入(売却)は成行が優先される。

購入例:現在値1,000円の場合に指値950円で買いにしておけば950円以下になった時に自動的に約定する。

売却例:現在値1,000円の場合に指値1,050円で売りにしておけば1050円以上になった時に自動的に約定する。

逆指値注文【自動ロスカットしたいときはコレ!

あらかじめ指定したトリガー条件より株価が高くなったら買い、安くなったら売りと自動的に約定される取引。

購入(売却)は成行が優先される。

購入例:現在値1,000円の場合に逆指値1,100円で買いにしておけば1,100円以上になった時に自動的に約定する。

売却例:現在値1,000円の場合に逆指値950円で売りにしておけば950円以下になった時に自動的に約定する。自動ロスカット機能。

注文ミスには気をつけようね!

どうでしょうか?

文字で説明はしてみましたが、やはり冒頭で言った通り少額取引で実践したほうが良いです。

それぞれの取引方法の特性を利用して売買が可能ですが、しっかり頭に入れておかないと実際に使用する時にうっかり注文ミスをしたりすることが始めたばかりの人にはよく起こります。

実を言うと株を始めたての私もロスカット設定のつもりで指値注文してしまい、上昇中の株を誤って売ってしまったこともあります。

このようなミスをしないように、しっかりと理解しておくようにしてください。

取引金額が大きい場合は多大な機会損失に繋がりメンタルに大きなダメージを与えることになります。

以前にも言いましたが人の感情というものは制御できるものではありません。

パニックにならないように日頃から株式売買には慣れることがとても重要です。

取引する時は赤文字のことを頭に入れておいてくださいね。

初めて売買する時は緊張しますが、株式投資は慣れてからが本当の始まりです。それじゃ~また。

-株式講座
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif