海外ドラマ

TRUE DETECTIVE シーズン3【終わりなき追憶捜査】

トゥルーディテクティブ

どうも、のうみです。

最近、コロナの影響もありジャンルを問わず様々な映像作品を鑑賞できました。

具体的には数えてはいませんが、一日一本程度は観たので投稿分ストックが大量に増えたのでとりあえず、その内の1作品を吐き出します。

多くの人気作品を配給するHBOによる制作作品の『TRUE DETECTIVE(トゥルーディテクティブ) 』シーズン3です。

映像コンテンツが盛りだくさんでありながら、料金もリーズナブルなアマプラで視聴が可能。(2020年6月現在)

過去の投稿でシーズン1を紹介しましたが、このシーズン3もそれに負けず劣らす素晴らしい作品でした。

ちなみに、このシーズン3ではシーズン1と同じ世界線で描かれています。

作中のとあるシーンでラスト刑事・マーティン刑事の事件記事がでてきてゾクゾクしました。

パーセル事件について

アメリカ アーカンソー州警察をリタイヤしたウエイン・ヘイズ

2015年、記憶障害が悪化したヘイズはボイスレコーダーから流れる昨日の自分の声を聴きながら、その指示に従い現状の自分の立場を認識する日々。

そんなある日、過去の事件のインタビューを受けることになり薄らぎつつある自分の記憶を辿ることになる。

その事件とは1980年にアーカンソー州の田舎町で起こったパーセル事件についてだった。

幼いパーセル兄妹が行方不明なりその後、兄ウィルの死体が発見されたが妹ジュリーは行方不明のまま。

ヘイズは相棒のローランド・ウエスト刑事と共にパーセル家に向かい、そこから35年に及ぶ長い事件は幕を開ける。

関係者の聞き込み捜査最中に知り合ったウィルの担任教師であり後のヘイズの妻となるアメリアの高い捜査能力を借りながら事件を解決する。

しかし、一度は解決したはずの事件が10年後の1990年に妹ジュリーが監視カメラに写っていたことで再び捜査始まる。

だが、容疑者であるジュリーの実の父トムの死によって捜査は打ち切られる。

ヘイズとウエストは多くの疑問残したのトムの死と捜査の打ち切りに納得ができず独自捜査を始めるのだが…

それから時は流れて25年後の2015年、インタビューに訪れた記者がパーセル事件の新情報を持っているのではないかとヘイズは睨んでいた。

時代の異なる三つの時間軸

シーズン1と似ているのですが、この作品は三つの時間軸で描かれています。

ヘイズ刑事の視点でパーセル事件発生時の1980年

その10年後に成長した妹ジュリーが監視カメラに写っていたことで再捜査が始まる1990年

インタビューを受けている現在進行形で描かれている2015年の三つの時間軸。

近日公開のTENETを制作したクリストファー・ノーラン監督作品のメメントの投稿でも書きましたが、記憶は主観的情報であり何らかの要因で変容することが多々あります。

私自身が体験したのですが友人との学生時代の思い出が食い違うことがあり、記憶は感情や時間という要因に影響されることがあります。

つまり、この作品で重要なことは物語の過去のパートである1980年と1990年の二つの過去のパートはヘイズの主観的情報だということです。

時間や感情により歪みが生まれることを明確に示唆ように過去の出来事でありながら現在のヘイズの感情が干渉しているシーンがありました。

過去の記憶を追体験しているヘイズがドアを開けると過去のヘイズにはドアが一人でに開くように見えていました。

ある罪を犯した過去のヘイズが衣服を燃やすシーンでは誰かの視線の感じて見た先には記憶を追体験する老いたヘイズがそこに居ました。

何れも過去のヘイズには追体験をしているヘイズは見えません。

トゥルーディテクティブ

終わっては始まるヘイズ追憶捜査

かなり極端な仮説ですが、もしかしたら現在進行形の2015年のパートですらも記憶の中だとするならヘイズが被害者の少女であるジュリーが生きていてほしいと願ったことで変容したヘイズの内面世界なのかも?

そういえばヘイズはベトナム戦争で長距離偵察部隊に所属していてジャングルに単独で侵入し情報を集めていたようです。

相棒ウエストがヘイズのことを道を見つけ出す男と呼んでいました。

ベトナム戦争に志願したのも母親ためだったヘイズ。

退役後もずっと道を見つけるという身に着いた習性を活かして事件を捜査していました。

全てが事実だったとして進み続けた道の終わりに、たどり着いた真実さえも失ったヘイズ。

二人の孫が自転車に乗るシーンはパーセル兄妹を彷彿させます。

そこから再び記憶の中へ落ちていき、妻アメリアへのプロポーズした時間まで遡る。

そして光に包まれた出口に向かうも、その先にある記憶はベトナムのジャングルの中へと入っていく若きヘイズ。

ヘイズ自身が語っていましたが、ベトナムから全ては始まったと。

つまり記憶の全てが失われるまで、ベトナムから全てが始まり、捜査を何度も追体験するのかも知れません。

妻、妻の死、家族、相棒、パーセル事件、ベトナム戦争。

考えてみるとヘイズは例えそこに道が無くとも道を見つける、あるいは自分で道を生みだしていたようにも思えますね。

少し悲しい終わりの様に思えますが、ヘイズにとって探し続ける道それこそが彼の生きた証だとしたら、彼は何度でも同じ道を辿るのでしょう。

観る作品すべてに救済のニュアンスが含まれてるように感じるのは、私の心境が何か影響してるのかとちょっと不安になる。

まぁヒューマンドラマはそういうモノなのかな?

シーズン2はいつか観てみようと思っていたのですが、いつか視聴してみようと思ってます。

2020.10.1追記

アマプラにてシーズン2を一気に視聴しました。

面白かったですが、ちょっとシーズン1とシーズン3と作風が異なる印象を感じました。

ラストに関しても何かモヤモヤした感覚を残したまま終わりを迎えたように思います。

物語が進むにつれて二人(相棒)の絆を揺らいだり、離れたり、時に強く結びつける瞬間の演出がちょっと弱かったんですかね?

海外では高く評価されてるようなのでシーズン4が制作されることに期待します。それじゃ~また。

-海外ドラマ
-, ,

© 2021 シグナログ