ゲーム

鉄騎【語り継がれる伝説のゲーム】

鉄騎

どうも、のうみです。

2002年にXboxから独占販売のカプコンから発売された『鉄騎』というゲームをご存じでしょうか?

当時二足歩行ロボットゲームはどれもスピード感のあるSFロボットゲームばかりでしたがこの鉄騎はそうした趣とは異なります。

リアル志向の二足歩行兵器バーチカルタンク【VT】を操作して戦火を潜り抜けるシミュレーションゲームです。

のうみは発売当時はまだ子供でしたが本体と同時に購入しました。

その額なんと本体25,000円+ソフト20,000円で合計45,000円と子供にはかなり大きな買物でした。

このソフト20,000円と高額な理由は『鉄騎専用コントローラー』が付属しているからです。

40超えるボタンとツインスティックそしてフットペダル

このゲームの為だけに制作された重量8kgもあるコントローラーのそのデカさも印象的でした。

箱から取り出すと3つに分かれていて自分でレンチを使い組み立てるのですが今も記憶に鮮明に残っています。

ツインスティックによってカメラアングルと機体移動方向を別々に操作したり、フットペダルによるアクセルとブレーキそしてスライドステップにより攻撃の緊急回避も可能です。

誘導兵器からの攻撃にはチャフによってかく乱したり、本体を起動するのも幾つかの手順を踏まないと起動でない仕組みになっています。

脱出ボタンも存在していてもし機体が破壊される直前に脱出しないとセーブデータが消えてしまう鬼畜設定です。

さらに仮に上手く脱出したとしても戦績を上げることが出来なければ使用できる機体が無くなり最終的に左遷となりセーブデータが使用できなくなる実に素晴らしくぶっ飛んだゲームです。

本当にこのゲームはカプコンのチャレンジ精神の産物とだと思います。

欲を言うと大人になった今なら正直10万ぐらいでも買うのでコントローラーをもっと重厚で壊れにくし設計してほしいとこです。

実際買って体験してるから覚えているのですがコントローラーは左ステックの不具合がありカメラアングルが勝手に動くなどちょっと問題があり一度修理に出したことがあります。

たしかコントローラーの生産はサミーだったと思うのですが同じ体験をした人は多いと思います。

最終的に100時間もプレイして楽しんでいたのですがまた左スティックが壊れたのせいでもうプレイできなくなったのは悲しかったなぁ~

カプコンのリアル志向を徹底追及した挑戦的作品

実はこのソフトは開発段階ではPS2で開発されていましたが本体のスペックの限界があったため開発はXboxに変更になりました。

それくらい当時の技術で表現できる限界点を目指していたのだと思います。

シフトレバーで1速から加速していき最大スピードでカーブを曲がれば転倒したり、カメラが汚れたらウォッシャーボタンを押して視界を綺麗にしたりと徹底的にリアルに作りこまれています。

ロックオン攻撃では回避する相手にはノーロック攻撃によって着弾確率を上げることも可能です。

カプコン特有のクリアするごとに高い難易度が出現するのですがその最高難易度を誇る『アルマゲドンモード』…確か実弾スピードを再現したと言われてたはずの狂気の設定だったはずです。

弾丸制限や燃料補給は序の口でマニュピレーターによるドアロック解除や上空からの強襲による作戦遂行など闘争を求めるユーザーをゾクゾクさせます。

近接攻撃兵器『スタンロッド』や第三世代兵器『レールガン』によって機体電源を強制的にカットしたり遮蔽物を超える曲射兵器の攻撃など戦略方法の自由度は高く様々な選択が可能です。

それとバイオハザードとかと同じくカプコンは「何回このゲームやらせるんだよ!」と半分泣きながらプレイしてました。

記憶がちょっと曖昧ですが確か…ノーマル(2080年→2082年)→ベテラン→マグナムフォース→デスペラード→アルマゲドンだったような…

これでミスって死んでセーブロストした日にはそのショックは計り知れないですよね。

のうみは正直に言うとセーブロストが怖くて脱出スイッチのカバーは開けてプレイしていました。

世界情勢やVT開発企業の細かな設定

VTは第一世代~第三世代までありその性能も個体によって大きく異なります。

機体ごとに特性があり第一世代VTである『ビッツ』は小さいモニターにモノクロビジョンで最高速60キロぐらいの死の棺桶ですが第三世代VTの『クエーサー』は全面有視界が可能なモニターで最高速300キロ以上出すことも可能です。

戦争の裏にはVT開発企業の暗躍や戦争の舞台となる『海市島』の独立の理由など細かく設定されています。

戦争の発端となる資源豊かな人工島の海市島で海外政府要人達を拘束した最高責任者『ゴーミット・シン』も物語では主人公は独立を許さない『環太平洋機構』側の兵士の為、敵として描かれていますが細かい設定を読み解くとその独立にはそれなりの理由が存在し、まさにこの世界と同じく善悪などいう明確な境界線は無いのですから。

ブロック経済圏によって大きくその国境が変化した2080年の世界においてアメリカは世界最大の経済力と軍事力を未だ持っていたがその力は次第に弱体化の一途を辿っていた技術の飽和点に達した世界が舞台というだけでごはん三杯はいけますよ。

ここら辺の設定はガンダムのオマージュのようにも見えますが、こういうの細かい設定はのうみは大好きです。

2080年『第一次海市島紛争』【ルーキー編】をクリアすると2082年『第二次海市島紛争』【隊長編】がプレイできるようになる仕組みにも驚愕しました。

エンディングの音楽も良いのですがタイトルも歌手も不明の曲をバックに戦争中と戦後の映像を織り交ぜながらの演出はクリアの達成感を満たしながらもちょっとした哀愁もあります。

最近紹介したポケット中の戦争をこのエンディングを何故か連想してしまいます。

『重鉄騎』なんてものでなく『真の鉄騎続編』だしたら十万でも買いますよ。わりとまじで。それじゃ~また。

-ゲーム
-, ,

© 2020 シグナログ