ゲーム

バイオハザード4【新たなバイオはここから始まった】

バイオハザード4

どうも、のうみです。

今回は数々の縛りプレイを世に生みだしたカプコンが生み出したバイオハザード4を紹介します。

バイオハザードシリーズは1996年に発売して今もなおシリーズは続いていてリメイク・映画化もされています。

発売当時は縛りプレイ動画空耳動画をよく視聴したのを憶えています。

私もナイフ縛りを試してみたのですが、その難しさは尋常ではなかったです…もちろんクリアは無理でしたw

バイオ4で一新されたゲームシステム!

人によってこのシステムの変更には賛否両論あるとは思いますが当時はホントに驚かされました。

1~3までの固定カメラによる操作だったのが4からは右斜め上からの背後視点による操作に切り替えてホラーの要素を残しながらもアクション要素を取り入れて新たなゲームへと変化しました。

背後が少ししか見えないため新たな恐怖の演出や頭部や脚部への攻撃からのアクション攻撃によって複数の敵を巻き込んで倒す爽快感も生まれ、まさに新生バイオハザードとして生まれ変わった作品です。

これだけの人気作でありながらマンネリ化を回避するためここまで大胆なシステムの変化したことは当時のカプコンの凄さを感じます。

2000年前半のカプコンはホントにヤヴァイぐらい良作ゲームを生産しまくってます。鉄騎バイオモンハンなど上げたらキリがありません。

このバイオ4の系譜はVR対応のバイオ7では変わってしまいましたが、2020年4月に販売するバイオRE:3でもその系譜は今もなお脈々と生き続いています。

こだわりのミニゲームに特殊武器も満載!

アタッシュケースのマス目に応じて武器を持つことができ、その所有できる量が限られてるのも良かったです。

几帳面な私は武器の方向や配列も気になるほどアタッシュケースの管理にはかなり神経質でした。

定番武器のロケットランチャーにサブマシンガンなどありますがお気に入りは唯一バイオ4にしか登場しないマインスロアーです。

着弾して時間差で爆発するのはかなり癖のある武器でした。

それとバイオに欠かせないナイフが素晴らしく活躍できるのも良かった。

エイダやウェスカーやハンクなどバイオファンなら胸熱キャラが使用できるマーセナリーズも何度もプレイした人も多いはず。

特にハンクが大好きで、あの特殊部隊のガスマスクに顔を隠したフォルムや死神設定に当時の私の厨二心は撃ち抜かれました。

このミニゲームのハンクの処刑やウェスカーの掌底のアクションの爽快感と敵を倒し続けてコンボを繋げる爽快感はハンパなかったなぁ…

バイオRE:2のThe 4th SurvivorのBGMを聞きながらと街を徘徊するのが楽しいです。完全に変質者です。それじゃ~また。

-ゲーム
-, ,

© 2021 シグナログ