音楽

倉橋ヨエコ【今日も雨】

倉橋ヨエコ

どうも、のうみです。

今回の投稿で紹介するのは歌手の倉橋ヨエコさんです。

知らない方が多いかもしれませんが、ヨエコさんの音楽に生きる力を貰った人は必ずいるはず。

残念ながら2008年7月のライブを最後に音楽活動を廃業。

シンガーソングライターであるヨエコさんの音楽はジャズ歌謡シャバダ歌謡と呼ばれ独特の雰囲気を漂わせています。

歌詞は人間の内面に潜む暗部を表現している歌が多く、人間辞めても損と嘘夜な夜な夜ななど代表曲があります。

タイトルからしてちょっとネガティブな印象を受けるかもしれませんが、中にはそうではない曲もあり、残酷な世界を直視して正面から向き合った「今日も雨」が好き。

泣き止んでも外は雨、そんなもんだろ?

他の歌を否定するつもりはないのですが、悲しみや苦しみを雨に例えられている歌って結構ありますよね。

そして、歌の締めくくりは、いつかは晴れると…

しかし、残念ながら世の中そんなに甘くはなく苦しみから解放されることなどありません。

仮に歌の力を借りて人の心が希望に満ちたところで、世界と人は別の存在であり世界は残酷

つまり、雨が止むのと人の苦悩はまったく別物。

「今日も雨」の歌詞に惹かれたのは、そういう現実を受け止めた上で挫けそうな人を前に進めさせようとする力を貰えるから。

この歌に込められた力とは、決して見せかけの希望などではなくてただ純粋に前へ前へと進む力だけを聞き手に与えてくれる

『今日も雨』それは抗う者への応援歌

きっと聞く人によって夢だったり、恋愛だったり、希望だったりすると思います。

それらをこの歌に当てはめて考えると、もしかしたら悲観的になるかもしれません。

だけど、止まない雨が止むのをあなたは待つのですか?

誰も待っていないからといって、誰かを追いかけるのを辞めるのですか?

そう、この歌から問われているように私は感じました。

ヨエコさんはもっと評価されるべき歌手だったと思います。いつの日か活動再開を願っています。それじゃ~また。

-音楽
-, ,