音楽

平沢 進【師匠こと世界のヒラサワ】

平沢進

どうも、のうみです。

今回は知る人ぞ知るテクノ神である師匠こと平沢 進さんです。

あの長州力さんの入場テーマはなんと師匠の作品!

プロレスに興味ある人なら知ってるであろう長州力の入場曲『パワー・ホール』は平沢さんが制作したのです。

そして映画『千年女優』『妄想代理人』『パプリカ』やアニメ『ベルセルク』などにも楽曲を提供していることは有名。

ライブには残念ながら行ったことはないのですが、映像だけでもその凄さが伝わります。

最近ではバンド形式のライブもしていますが、1995年頃から10年ぐらいはライブを基本的に平沢さん一人でやっていました。

その中でも『インタラクティブ・ライブ・ショウ 2000 賢者のプロペラ』は印象的でした。

打ち込みの音楽だからこそ出来ることがあるはずと模索した結果生まれたまさに新しいライブエンターテイメントだと思います。

創造を駆り立てる力を貰える音楽

創作活動などで考えがまとまらない時や答えがでない時などよく聞いてるのがこの名曲『forces』です。

アニメ『剣風伝奇ベルセルク』の挿入歌であの世界観に相応しい名曲です。

ヘッドフォンで大音量で聞くのがオススメです。

これほどまで音楽からチカラを貰ってる感覚がこんなにも感じれる曲は他には無いかも。

平沢さんは御年65歳ですがまだまだ現役で活動されてるのも、こういった音楽からチカラを貰ってるからなのかもしれませんね。

まだまだ他にも名曲あるので皆さんも聞いてみてはいかがでしょうか?それじゃ~また。

-音楽
-, ,

© 2019 Noumi StudioSif