ゲーム

ダークソウルNPC考察①【病み村のアイドル『ミルドレット』】

ミルドレット

どうも、のうみです。

ダークソウルの変態淑女NPCことミル姉ことミルドレットをご存じでしょうか?

初見プレイでは病み村で数えきれないほどの死を繰り返し、さらに火継ぎの祭祀場に戻れずに心が壊れたプレイヤーに一時の笑顔を届けるこのミル姉を記憶に焼き付いてる人は多いはずです。

そんな病み沼のアイドルことミル姉について考察しようと思ったのですが情報があまりに少なすぎて無理だったので妄想で紡ぐ物語となっています。

ミル姉ファンで何か情報をお持ちの方は、ツイッターでも良いのでコメントお願いします。

「赤ミル」と「白ミル」の謎について

ミルドレット

生者で病み村の底にある篝火に近づくと禍々しいオーラを放ちながら猛烈な勢いでプレイヤーを殺しにくる赤ミル姉(弱)

泣きながら赤ミル姉を葬った後、病み村のボスである魔女クラーグの手前で、何故か白サインで白ミル姉(強)を召喚できます。

さすが俺達のミル姉さん、かなりのぶっ飛んでるよね。

霊体である赤ミルと白ミルはプレイヤーの肉を食う目的で出現してる可能性はたぶん無いでしょう。

そもそも霊体で生者の肉を食えるのかちょっと疑問ですw

つい先程ブチ殺した相手を共闘するのですから、この奇行に何か理由はないのかと考えてみたのですが二つの妄想的考察しかできませんでした。

単純に亡者へと成りつつあり自我が壊れ始めていた?→つまりミル姉は狂っている…故に人間性を求めている。普通に考えたらこっちがどうも考えても有力。

何らかの目的があり或いは誰かに会うため何処かへ行こうとしていた?→自分を倒したプレイヤーの力を認めて共闘して魔女クラーグを倒して廃都イザリス或いはデーモン遺跡を目指していた。

生身のミル姉(生ミル姉)は確か登場しませんので何の証拠はありませんがどうしてミル姉がイザリスを目指すのかを考えてみました。

果たして『人食い』と言う異名を持つミル姉ですが本当に人を食っていたのでしょうか。

見た目や持っているあのおぞましい肉立ち包丁の性であの異名が付けられたとしたら?

もしかしたら、これはミスリードを狙った異名なのではないかという疑って推察してみることにしました。

ミル姉のアクセサリー「錆びた鉄輪」について

沼のぬかるみに足を取られることなくプレイヤーに狂気の姿で走ってくるミル姉。

単に素っ裸だから沼を走れる訳では無く『錆びた鉄輪』を装備をしてるのは間違いないでしょう。

錆びた鉄輪のテキストには『かつて罪人をつなぎとめた鉄の輪っか ひどく錆び付き、うっすらと血汚れている』とあります。

なのでミル姉はかつて罪人であり囚われの身になりそこから人の世を捨て病み村へと逃げてきたと思っていたのですが『罪人』というキーワードが気になりました。

錆びた鉄輪が北の不死院に落ちているのでそこに囚われていた可能性もあるのですがミル姉が選ばれし不死としてデーモンを倒して鴉に運ばれたとはちょっと考えにくい。

あれ?『罪人』と『イザリス』、もしかして、ミル姉ってイザリスの魔女と混沌の娘の一派かあるいはその異端者ではないか?

何かの目的あるのか、あるいは単にお肉が大好きで人食いをしていた可能性もあり、その人食いの罪という場合もあります。

あくまで妄想ですが混沌の火をもたらした罪の可能性もありえなくはないと思います。

呪術を持たないこと、そしてクラーナ、クラーグ、グラナと名前の繋がりが無いことを考慮するとイザリスの魔女の一派の鉄砲玉【戦闘員】ではないでしょうか。

強引な発想ではありますが古竜でありながらウロコの無かった白竜シースのように魔女の中にも呪術を使えない魔女がいても不思議なことでは無く、もしミル姉が人を食っていたことが事実ならばそこには何か特別な理由があるのかもしれません。

その目的はわかりませんがクラーグ戦で共闘していることを考えるとイザリスや混沌の娘に会うこと或いは殺害することが目的なのかもしれません。

つまり仮にこの妄想通りならやはりイザリス一派と何らかの確執があるのかも?

2020.3.1追記

ツイッターで頂いたコメントの中に、ミル姉は病み村の底にある篝火付近の宝箱の「竜のウロコ」を守ってる説、正直この説が一番しっくりくる。

もしかして、竜のウロコを餌にして人を襲ってるのかも?

フロム脳を使えば、チョイ役のNPCすらも妄想しミル姉物語を練りだすことのできるなんて、ダークソウルって素晴らしい作品です。それじゃ~また。

-ゲーム
-, ,

© 2021 シグナログ