小説

精霊の守り人【児童文学の枠を超えた長編作品】

精霊の守り人

どうも、のうみです。

上橋菜穂子さんにより描かれた異世界ファンタジー小説の守り人シリーズのひとつ精霊の守り人を紹介します。

NHKで実写ドラマ化で紗綾はるかさんが主演されたこともあり多くの人が知っている作品ですが元々は児童文学として公開されたのですがその創りこまれた世界観から幅広い世代に読まれている小説です。

短槍使いの女用心棒バルサが新ヨゴ皇国の皇子チャグムとチャグムの魂の中に宿る水の精霊ニュンガ・ロ・イムを守るために戦いそして仲間達の協力に救われながら旅をする物語です。

バルサには今は亡き育ての親ジグロという優れた短槍使いがいて、かつての自分がチャグムと重なり幼い自分を育てたジグロの親心を感じるシーンには胸が熱くなります。

二つの世界『サグ』と『ナユグ』について

この世界には眼に見える人の世界をサグそして眼に見えない精霊の世界をナユグが存在します。

呪術士は精霊の世界を見ることができるのですが稀にナユグの精霊が人間の子に卵を産み付けられることがありその者はサグとナユグの交わる場所に卵を届ける使命を負うことになります。

この様に見える世界と見えない世界が深く繋がっていていますが長い歴史に中で意図的に歪曲された伝承によりナユグは恐れられた存在として思われてることもあります。

物語の舞台となる北の大陸の4つの国『新ヨゴ皇国』、バルサの祖国『カンバル王国』そして『サンガル王国』と『ロタ王国』それぞれ文化も宗教も異なり国々の争いや内政問題などが複雑に絡んできます。

『守り人』シリーズの魅力とは?

この物語は老若男女、誰が見ても必ず感情移入できる登場人物が存在することだと思います。

子供のチャグムや幼少期のバルサの育ての親ジグロや幼馴染のダンタそして年齢不詳の呪術士トロガイなど必ず誰か当てはまるぐらいの多くの個性豊かなキャラクターが存在します。

これは小説のことですがもともと児童文学書ということもあり複雑な世界観ですがしっかり読むことでどんな人でも理解できるように構成されていているのも魅力のひとつだと思います。

異世界ファンタジーではありますがここにある世界はまさにこの現実と同じ世界であり人々は葛藤や迷いをそれぞれが抱えていて登場人物達はそうした運命に抗いながらも役割をまっとうする…

だからこの作品には現実に生きる為のヒントがこの物語にはあるからこそ多くの人が読む素晴らしい作品なのだと改めてこの記事を書きながら思いました。

このシリーズは小学生高学年のお子さんが始めて読むオススメ小説のひとつです。それじゃ~また。

-小説
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif