日常

メルカリ【きっとそれを必要とする人がどこかにいる!】

メルカリ

どうも、のうみです。

フリマアプリの定番でナンバーワンの認知度をもつ『メルカリ』です。

のうみもそのユーザーのひとりで断捨離するのに活躍しています。

この1年の利用で約50点出品して40点が必要とする誰かの手に届けることができました。

ちなみに『スピード発送バッチ』を獲得しています。

スピード発送バッジとは一定の商品数を売却して、その平均発送時間が24時間以内の出品者が貰える特別な章です!

まぁ若干ですがこのバッチを維持するため焦って発送してしまうこともありますが誉れなことです。

今の時代いろんなフリマやオークションのアプリやサイトはたくさんありますがメルカリの良さはどこでしょうか?

『メルカリ』のココがオススメポイント!

メルカリの強みはなんといってもユーザー数の多さと幅広い年齢層が利用していること。

2020年1月の時点で月間利用者が約1,350万人ですから購入や売却のチャンスは圧倒的に大きいですよね。

メルカリはヤフオクに比べて若い年代の人が多いイメージですが実際は60歳以上のシルバーユーザーもかなり増えているようです。

壺や絵画といった骨董品やアンティークの出品も多くなったように感じます。

スマホのみでかんたんに始めやすい環境が整ってる。

オークション形式ではちょっと始めにくいイメージがありますがメルカリならスマホで撮影してポチポチするだけで出品して後はほっとくだけ。

売れてたら梱包してコンビニや郵便局に持って行くだけで完了です。

フリマ形式なので決められた価格で販売できます。

まぁ実際はけっこう価格交渉されることありますけどね…

メルカリユーザーが増えたのはこの環境を構築したからこそココまでユーザーを増やせたのです。

各種サービスが充実してる。

匿名配送で出品者と購入者の互いの住所を教えることなく取引ができ、首都圏の一部では郵便局と連携した梱包資材の無料提供してます。

『メルペイ』は今後の展開に期待してます!

売上金が『メルペイ』としてコンビニなど実店舗で使用可能になり今後の展開に期待ができそうです。

売上金の保有期間制限もメルペイ登録しておけば保有期間は無制限になるのでメルカリユーザーは登録しといて損はないと思います。

ただキャッシュレス戦国時代の中でどこまでシェアを拡大して生き残れるかは未知数ではあります。

さらに言うと『ラクマ』『PayPayフリマ』や特化型フリマ『オタマート』『ココナラ』などライバルの存在もあり手数料やサービスを巡る戦いがすでに始まっています。

フリマビジネスは参入してくる企業も多く今後のユーザーの流れはどうなるかは予測は難しそうです。それじゃ~また。

-日常
-, ,

© 2021 シグナログ