日常

ふるさとで出会えるフレンズ【ゲジゲジちゃん】

ゲジゲジ

どうも、のうみです。

前回の続きで今回も自然豊かな故郷(ふるさと)に出てくるフレンズの紹介。

今回は『ゲジゲジ』です。

多足類には珍しく複眼をもっているのが特徴で、15対30足もある長い鞭のような脚でGを捕獲する益虫。

切れた脚はしばらく動き敵がそれに気をとられている隙に本体は逃げることもでき、脚は再生可能。

ムカデは毒をもってるのですが、この子は見た目こそヤバイですが無害なカワイイ子。

すみません、嘘です。

ムカデに匹敵するそのグロテスクさは、人間の本能に危険と恐怖を感じさせるフォルム。

幼少のころに部屋の電気をつけようとして何かを踏んだような感触があり、明かりをつけると。

見る影もないゲジゲジを見つけた時の恐怖といったらもうヤヴァかったです。

なんでその姿に進化してしまったの?

若干人間の利己的な主張になるのですが全ての不快害虫に言えるのですが、何故そのフォルムに進化したのでしょうか?

もしかして、見た目の恐怖を武器にしているのだと考えてると蟲ってみんなすごい!

でも若干そのフォルム故に、人間に嫌われて死亡フラグを高めてるような。

ふるフレNo.003『ゲジゲジちゃん』

ゲジゲジ

ゲジゲジちゃんはGの監視者『ふぁらんの蟲隊』の司令塔あるいは名軍師。

Gの狩る戦略を練ることに関しては彼女の右に出る者はいないのだけど、我が強く勝負事に負けるのが大嫌い。

アシダカグモちゃんのは犬猿の仲ですがムカデちゃんと一緒に蟲隊を支える三本柱の一人。

とりあえず三人娘が揃ったのでイラスト修行の一環として描いてみようかな?それじゃ~また。

-日常
-, ,

© 2021 シグナログ