日常

のうみのソロキャン【早期リタイアの実証実験】

のうみのソロキャン

どうも、のうみです。

予約投稿でブログが問題無く更新されてることをキャンプ中の満天の星空の下で願っているところだと思います。

今回のキャンプの目的は溜まった書籍&漫画を読むことが目的でもあるのですが、本当の狙いは別にあります。

それは、前回の投稿で少しだけ触れていたのですが、早期リタイアしたら私は一体どうなってしまうのかをシミュレーションをする為のキャンプなのです。

私は仕事はそこそこ好きなのですが、一生を懸けて今の仕事を続けて後悔しないのかと問われるとちょっと考えてしまいます。

時間を切り売りして、誰かに評価されて、対価をお金で貰うことが労働。

日本の平均寿命並みに生きればあと何十年も、それを繰り返していくことへの漠然とした恐怖は誰もが感じることだと思います。

もしかしたら、ノルマや出世に苦しむ人もいれば、それを生き甲斐にしている人もいるから必ずしもそうとは言えないかな?

ただ、自分はその繰り返される労働に若干の狂気性を感じています。

人生の大半を懸けて、注ぐに相応しい仕事ならばきっと全てが終わる瞬間も後悔をすることも無いのでしょうが、少なくとも私はそうでは無いと感じています。

自由を得ても夢が無ければ…

仕事以外に趣味が無い為に定年退職した人が、生きがいを失って鬱になることが多いと聞いたことがあります。

これは、いくら自由な時間を獲得できたとしても、夢や目標などのエネルギーを傾ける何かが無いと苦しいだけの余生になるのでは無いではないのか?

私は投資と、このブログへの投稿ぐらいしか趣味と言えるものが無いので、仮に脱サラしたら自分はどうなるのだろうと考えてみました。

だから、このソロキャンで持て余す程の膨大な自由時間を、どう自分が過ごすかの実証実験することによって、やっぱり仕事は必要だね!って考え直すかも知れません。

まぁ、自由な時間は人を救いもするけど苦しめもしますからね。

哲学の巨人曰く『自由とは、自由であるべく、不自由になることである』と説いてます。

自由にさえも縛られて不自由になる、人の意志に潜んだ毒のようにも感じますが、自由とはつまりそういうものなのでしょうね。

経済と政策について

キャンプ中は株価と無縁な環境を強制的に造りだしているのですが、恐らく投資ジャンキーの私には株式投資への執着が残念ながら消えることな無いでしょうね。

少し政治色のあることを語るので、興味無い人はスルーしてね。

世界の全ての事象が織り込まれる株価には政策が極めて大きく作用するのは言わずもがな。

残念ながら深く世界に浸透してしまったグローバリズム【自由主義】が招いた昨今の情勢は個人投資家に好ましい市場環境とは思えない。

しかし、この状況を上手く利用して投資家が利益を得ていることを身をもって理解しています。

結局、投資で儲けることは相場の流れに身を任せることであり、いかに経験やスキルを積み重ねても、突き詰めていくと投資で利益を得るのは時の運

だから、正しい貨幣観と共同体意識を失ってしまった、この国が緊縮財政から舵を切ることが出来なければ世界金融緩和の波が過ぎた後の悲劇が現実になるのではないかと不安で仕方がない。

政策や政治に関することを偉そうに語ったところで、私は投資家なので個人利益優先なのですが、一人の国民として心配です。

おい、どうした?急に何言ってるの?と思うかもしれませんが、伝わる人にだけ伝われば良いと思っています。

今後の投稿では、経済や政策に関する話もしたいと考えているので、その地ならし的な発言と受け取ってくれたら嬉しいです。

この投稿が更新されている段階でソロキャンの孤独の寂しさに押し潰されてないことを願っています。それじゃ~また。

-日常
-, ,

© 2019 Noumi StudioSif