おかねのはなし

コロナショック【上げ百日、下げ三日】

コロナショック

どうも、のうみです。

昨日(2020.3.2)の日経平均はどうにか上昇しましたが、今週から来週も荒れる展開が予想されます。

まさかコロナウイルスがここにきて市場を混乱させると考えていた人は多くはないはずです。

私も発生初期段階では気にかけていましたが、時間と共に警戒感は薄れていていたのでチャートを見た瞬間は背筋が凍りました。

タイトルの格言通り時間をかけて地道な努力の積み重ねで上昇した株価は僅か数日で全て帳消しになってしまいました。

上昇相場で下げる理由を市場は待っていた?

やはり高値圏にあった絶好調のダウ平均を見る限り市場は売る理由を待っていたのが最大の理由だと思います。

致死率の高いウイルスならともかく、ここまでパニックになることでは無いと私は思うのですが、このまま感染が広がれば経済へのダメージは一時的にでるのは必須。

観光や物流やイベント会社等など特定の業種が受けるダメージは未知数ではある以上は市場の反応は当然でしょうね。

それらを踏まえても、いくら何でもこの下げは異常だと感じます。

市場の下落額しか見ていないマスコミがリーマンショック級だの東日本大震災級の衝撃と言っていますが、ちょっと不安を煽りすぎだと思います。

投資をしている者から見てどう考えてもコロナショックにはリーマンショック級の破滅的衝撃は無く、正直言って次元が違いすぎて比較になりません。

しかし、現実と市場の危機の深刻度の乖離に関しては似てる部分があります。

リーマンショック以前からサブプライムローン問題の危険性はあったのにも関わらず、ほとんどの投資家は問題の深刻度を甘く見積もっていました。

コロナも対岸の火事だと楽観的に考えていたのは認めなくてはいけないと、私自身の考えの甘さを痛感しています。

株価のことだけでなく日常生活のことも含めてですが、過度の楽観も禁物ですが悲観しすぎるのも問題なのでこういう時こそ冷静な判断が必要です。

それでも落ちるナイフは魅力的!

願望としては日経平均が21,000円の下限ラインを破らなければ株価は持ち直すと思います。

しかし、コロナウイルスの問題が長期化する場合は19,000円もあり得るかも知れません。

ここから数週間はネガティブな情報がでるたびに下がり、それを打ち消すポジティブな情報で戻す、荒い展開が多いのは間違いでしょう。

見方を変えれば絶好の買い場に見えるのが悩ましいところです。

ですが、かなり危険なので私は再来週まではしばらく静観しようと思ってます。

すでに先週辺りから予測範疇を超えてる流れに入ってるので、ここは冷静に判断させてもらいます。

余談ですがコロナウイルスの感染を恐れる人よりコロナ対策で金銭的損害を被る人の方が私は心配です。

まぁだからといって何も対策しない訳にはいかないので仕方が無いのですが、判断はとても難しいですね。

なんかどこもかしこもパニックを煽って利益を得ようとしてるように感じます。投資家も似たようなモノなのかも知れないけど。それじゃ~また。

-おかねのはなし
-, ,

© 2019 Noumi.StudioSif